スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

番外編、日本海側のスミレ

今日は雨の予報、管理人も畑仕事が出来ないと思い切って新潟へ行ってみました。
中之条から新潟まで苗場でしたら1時間弱ですが、今回は六日町まで足を伸ばしてみました。
半日仕事をしての昼すぎにポツポツと降る雨ですがこの時期のスミレ散策は雨の日に行くことが多いです。
s-yama.jpg
トンネルを越えると天候が一変、多少の晴れ間も見える天気です。残雪の山々と新緑が綺麗なコントラストを奏でています。

さてお目当てのスミレですが、太平洋と豪雪地帯の日本海で見られるスミレが多少違います、日本海特有なスミレが今回の目的です。もちろん地元新潟ではどこでも見られる野草なのですが。
まずはスミレサイシン、このスミレは群馬でも新潟県境で見られるスミレです。
s-2011年5月9日0197
スミレサイシン

オオタチツボスミレ、このスミレも六日町近辺では沢山咲いています土手や林縁など中之条で言えばタチツボスミレのような感覚です、ちなみにタチツボスミレは意外と少ないですが混生している場所も数箇所ありました。
s-2011年5月10日0109
オオタチツボスミレ

時にオオタチツボスミレとタチツボスミレは交雑して雑種が出来ることがあります。
もしかしたらこちらはそんなスミレかも知れません。群馬でも良く見かけるスミレですが断定は難しいです。
s-2011年5月9日0154
ムラカミタチツボスミレ

アオイスミレも雪解けと同時に咲き始めるようです、関東では3月下旬に見られるスミレです。
s-2011年5月9日0248
アオイスミレ

今回の最大の目的はこの距といわれる部分が以上に長いスミレです。群馬ではまず見かけることの無いスミレです。
ここ新潟ではこのスミレも普通に見られるのです、一生懸命土手で撮影している姿は多分地元の人には滑稽に見えてのではないのでしょうか、名前はナガハシスミレ別名天狗スミレという日本海特有のスミレです。
s-2011年5月9日0262

s-2011年5月9日0316
ナガハシスミレ

中之条ではあまり見られないいわゆるスミレ、こちらでは沢山咲いていました。
s-2011年5月10日0074
スミレ

最後にニョイスミレ別名ツボスミレ、中之条でも5月ごろから田んぼの畦や少し湿った場所に咲く小さいスミレです。
新潟では田んぼの畦に群生で咲いていることがあります。雪解けと同時に一番早く咲くスミレのようです。
s-tubo2.jpg
ニョイスミレ



スポンサーサイト

2011/05/10 21:20 | 番外編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ