スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

中之条で見かける植物~山里の畦や森の夏~

7月はじめ、中之条の田んぼも稲が大分大きくなってきました。
青々とした稲が風に揺られる様は緑の波のようです。

この時期に見られる草花を紹介いたします。
s-2008年7月10日(2)0011
ホタルブクロ
関西では白い花が主流だそうですが中之条はこの紫色です。
実際にこの花の中にホタルを入れて遊んだ覚えがあります。
大きくなったタケノコ、マダケです。灰汁が無くマダケのタケノコは美味しいです。

s-2008年7月16日0004
ヤブカンゾウ
オレンジ色がとても目立つ野草です、特に田んぼの畦で群生している様は畦キスゲなんて読んでもいいのかなと思います。
ヤブカンゾウは八重ですが一重に咲くノカンゾウも見られます。

s-2008年7月10日(2)0002
オカトラノオ
林縁部の日当たりの良い場所で見られます。この花には昆虫が集まるオアシスのような花です。


s-2008年7月14日0004
ウツボグサ
しそ科の仲間で、生薬になるらしいです。利尿、消炎作用があり、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに使われる。

s-2011年7月8日0114
マタタビ
この時期花が咲く頃に葉の表が白くなります。葉の表皮が、葉体から剥離するからだと言われています。だんだんと実の成る頃には、もとの緑の葉に戻ってしまいます。この実はご存知猫に上げると・・・・です。


スポンサーサイト

2011/07/13 21:00 | なかのじょうの野草COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ