スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

中之条で見かける植物~野菊は見分けが難しいです~

この時期田んぼの畦や林道沿いには、小さな花びらの野菊がたくさん咲いています。
キク属、シオン属、ヨメナ属と毎年この時期は頭の中がぐるぐるしています。
シオン属の中のノコンギクこの野菊が畦には一番多いのでしょうか。
見分け方は冠毛の違いや葉のザラツキなどですが不精なものでなかなか撮影するのみで
ちゃんと観察しないので毎年悩んでいます。
特にノコンギク、ヨメナ、オオユウガギクは難しいです。
s-2009年8月24日0011
こちらは晩夏の頃から咲いているユウガギクでしょうか


ここから先は名前を決定しないでただ花をお楽しみください。
s-2009年10月31日0043


s-2008年10月2日0116


s-DSCF0471.jpg


s-2007年10月4日0054


s-2008年9月27日0094


s-2008年10月2日0133


s-2009年9月28日0103


s-2009年10月4日0041
ここまではノコンギクばかりかもしれませんが。

これもキク科です。
s-DSCF0367.jpg
タカザブロウ、日本古来のモトタカサブロウと外来種のアメリカタカサブロウがありますがさてどちらでしょうか。
よく見かける雑草です。


s-DSCF0497.jpg
ハキダメギク、帰化植物のどこにでもある雑草です。繁殖力が旺盛でタカザブロウと同じく畑の厄介斧です。
来年こそはじっくりとキク科の見分けにチャレンジします。

リュウノウギク
s-2009年10月24日0038

アワコガネギク
s-2010年11月7日0073


スポンサーサイト

2011/10/06 20:45 | なかのじょうの野草COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

 野菊がいっぱい写っていて、それだけですがすがしい気持ちになりますね。この時期になると、私はどうも県の東部に行ってしまいますが、地元でもまだまだ見る花があるのですね。
 タカサブロウ、実を見てみないと解りませんが、もうかなりアメリカが侵入してきていますよ。

No:192 2011/10/06 21:52 | Frank-Ken #cVXu7eJY URL編集 ]

Frank-Kenさんへ

タカサブロウもう少ししたら確認してみます!来年こそ秋の観察会開催できればと思っています。よろしくお願いいたしますね。

No:193 2011/10/07 23:23 | 山里管理人(エコ) #Ah/lnr5A URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ