スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

道祖神~どんど焼きでオッカドの木の棒人形を焦がして~

道祖神の傍らに焦げた木の棒の人形が祀られていました。
私が子供の頃は我が家でも作っていましたが、この人形を見たのは久しぶりです。
sg-DSCF0555.jpg

オッカドの棒で人形を作りそれを確かどんど焼きで焼いたのを覚えています。
オッカドの棒人形は御門棒の意味で、カツノキ(ヌルデ)の太目の枝を長さ30センチほどに切って2本用意して。根元に近い方を男性に、先に近い方を女性に片端の皮を剥いで、それぞれに男女の顔を描いて祀ったものです、穀物の豊穣や悪いものが家の中へ入ってくる魔除け為に作ったと聞いた覚えがあります。
何で人形を焦がしたのかは意味がわかりませんが。
sg-DSCF0557.jpg
  
道祖神は部落の片隅にひっそりと置かれている石像、地区によそからの魔物が入ってこないように守る神
この木の棒の人形は家族の厄除けを願ってのものなのでしょうね。
sg-DSCF0560.jpg

スポンサーサイト

2012/02/25 14:46 | 中之条の歳時記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

なんと珍しい!

すごいですね!かつてよく見られた光景ですが、最近は本当に見ませんよね。中之条町のどの辺りでしょうか?祖父に見せてあげたいです。

No:300 2012/03/30 18:19 | カッパ #- URL [ 編集 ]

カッパさんへ

この道祖神は中之条町横尾地区の山間の部落にありました。かつてはわが家でも作っていたのですが・・
私も見たのは子供以来、まだこんな伝統が残っていたんですね。まだありましたのでぜひ見に出かけてください。

No:301 2012/03/31 11:42 | エコさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ