スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

切り株の上にエビフライ?

杉林の中の古い切り株の上にこんなものが?
a-makinosumire 079
 
こんなところに誰かが食べた痕跡が
a-makinosumire 071

さて何でしょうか?
実はこれはニホンリス(ホンドリス)が松ぼっくりを食べたかすなんです。
食べ終わった芯の部分がエビフライに似ていることからこう言われています。
a-makinosumire 066
手に持って食べている姿を想像すると可愛いのでしょうね!
それも切り株をテーブルに使うなんて!
しかしリスを見ることはめったにありません、いつも木の上にいるのでしょうか?

春の芽吹きの頃、山々が紅葉したようになります。
新芽が黄色や赤い色をしている山肌を春紅葉(はるもみじ)といいます。
カエデ類など芽吹き時に葉緑素が光合成が不十分のため木が持つ本来の色素が見えてしまうことや
ケヤキなどは太陽の強い紫外線から葉を守るために緑の葉が出ないそうです。
a-taihi 035

光の加減によってはこんなに新緑が映えることもあります。
緑の競演ですね。
a-200705100180.jpg

スポンサーサイト

2012/05/08 20:30 | なかのじょうの動物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ