スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

またまたスミレの撮影~もうすぐいがりまさしさんのワークショップです~

新潟のスミレパート②
仕事を早めの切り上げ午後から出かけてきました、県境までですので1時間ちょっとで到着です。
雪もほとんど無くなり新緑がまぶしい新潟でした。
中之条では4月初めに咲くヒナスミレやカタクリ、アオイスミレも今が見ごろ
雪解けと同時に咲くんですね。
a-nagahashisumire 221
アオイスミレ

a-nagahashisumire 030
キクザキイチゲ

スミレサイシンも一緒に咲いていました。
a-nagahashisumire 056

そしてやはり日本海のスミレといえばナガハシスミレでしょうか。
a-nagahashisumire 351

ナガハシスミレはタチツボスミレの仲間、他のタチツボスミレと交雑らしき個体もたくさん咲いていました。
a-nagahashisumire 467

a-nagahashisumire 368


a-nagahashisumire 343

ニョイスミレやスミレも畦にたくさん咲いている雪国の春でした。
a-nagahashisumire 527


さて植物写真いがりまさしさんと行く高原の花めぐりワークショップも、もうすぐです。
今回は高原のスミレの観察と写真撮影ワークショップがメインになります。
六合地区の野反湖での山野草や高原の畦に咲くスミレなどの春遅く咲く花々を観察しながらの写真撮影WSです。
まだ若干名参加者募集中ですのでスミレの花など野草の花の撮影上達にぜひご参加ください。
応募はこちらから
写真家いがりまさし氏と巡る贅沢な1泊2日の観察&撮影のワークショップ応募ページ

いがりまさしさんプロフィール
1960年愛知県豊橋市生まれ。
関西学院大学文学部美学科中退。
自転車で、ストリートミュージシャンをしながら、全国を放浪。
その後、冨成忠夫氏の植物写真に出会い、植物写真を志す。
印刷会社のカメラマンを経て、1991年独立。

【著作リスト】
◆書籍
1995年、写真集「野の花の小径」(山と溪谷社)
1996年、写真集「風のけはい」(文一総合出版)
1996年 「日本のスミレ」(山と溪谷社)
1997年 「四季の花撮影」(学研)
1998年 「野草のおぼえ方・上、下」(小学館)
2004年 「きせつのくさばな100」(講談社)
2007年 「日本の野菊」(山と溪谷社)
2008年「四季の野の花図鑑」(技術評論社)
2011年「野の花を探す12カ月」(アリス館)

春の山野草特にスミレの花を中心とした中之条のワークショップです。

スポンサーサイト

2012/05/16 22:23 | 中之条のイベントCOMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/19 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【またまたスミレの撮影~もうすぐいがりまさしさんのワークショップです~】

新潟のスミレパート②仕事を早めの切り上げ午後から出かけてきました、県境までですので1時間ちょっとで到着です。雪もほとんど無くなり新緑がまぶしい新潟でした。中之条では4月初めに咲くヒナスミレやカタクリ、アオイスミレも今が見ごろ雪解けと同時に咲くんですね。ア...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<
ブログパーツ エステ